リフォームとリノベーションの違いについて | コラム | 佐賀県佐賀市 佐賀県佐賀市【古賀工務店】

COLUMNコラム

リフォームとリノベーションの違いについて

2022.01.01



リフォームやリノベーションを検討している方は、ぞれぞれの意味の違いに疑問を持っているのではないでしょうか。
同じ意味合いで使っている方が多いですが、実は全く別の言葉です。
そこでこの記事では、リフォームとリノベーションの違いについて紹介していきます。

▼リフォームとリノベーションの違い

リフォームとは
よく使われるリフォームとは、基本的に壊れていたり汚れていたりするものを、元の状態に戻すことです。
例えば、古くなったキッチンを新しくしたり、外壁を塗り直したりする場合を指します。

つまり、マイナスの状態のものを、ゼロあるいはプラスにするための工事のことです。
設備を変更したり修繕したりするので、工事はリノベーションと比べれば多くの場合、小規模といえます。
コストを抑えられるので、設備を元に戻して住環境を最低限確保したいという方におすすめです。

リノベーションとは
リノベーションとは、住環境をアップさせたり価値を高める工事のことです。
例えば、間取りを現代風に変えたり、耐久性や耐震性などの機能を加えたりするものをいいます。
つまり、ライフスタイルに合わせるために、内外装をアレンジする工事です。
部屋の数を変えたり、排水管などを移して水回りの性能を大きくアップさせたりするので、工事は比較的大規模といえます。
「中古物件を購入して、リノベーションで思い通りの住まいを作ろう」と考えている方は、検討してみてください。

▼まとめ
リフォームとは「マイナスをゼロに戻す工事」のことです。
一方、リノベーションとは「付加価値をつけるための工事」のことです。
一般的にリフォームは小規模で工事費が抑えられ、リノベーションは大規模工事で費用がかかります。
それぞれ住宅を触ることは同じですが、方向性が全く違うものです。
弊社は、リフォームとリノベーションのどちらも承っています。
住宅の内外装の工事をお考えの方は、弊社にご依頼ください。

最新記事

  • 2022.07.01

    一般的な階段の間取りと特徴

  • 2022.06.22

    子供のより良い発達を促す間取りとは

  • 2022.06.15

    マイホームの間取りで後悔しないために

  • 2022.06.08

    家の間取りで気を付ける事

  • 2022.06.01

    外壁塗装のサイディングについて

アーカイブ