一般的な階段の間取りと特徴 | コラム | 佐賀県佐賀市 佐賀県佐賀市【古賀工務店】

COLUMNコラム

一般的な階段の間取りと特徴

2022.07.01


階段の間取りは、家の印象や使い勝手を決める大きなポイントです。
また階段の設置場所によって、家族関係に影響する可能性があるんですよ。
そこで一般的な階段の間取りと、それぞれの特徴を解説します。

▼階段の間取りと特徴
一般的な階段の間取りは2種類あり、それぞれ特徴が異なります。

玄関ホールや廊下に設置する
昔ながらの階段の間取りです。
玄関ホールや廊下に階段を設置することで、リビングを通らずに2階の部屋に行くことができます。
この間取りは2階の音やリビングの音が筒抜けになりにくく、それぞれのプライバシーが保つことが可能です。
一方で家族が顔を合わせる機会が減り、コミュニケーションが少なくなる恐れがあります。

リビングに階段を設置する
最近多いのが、リビングに階段がある間取りです。
リビングに階段があると、2階に行くときリビングにいる家族と顔を合わせることになり、自然とコミュニケーションが生まれます。
また2階の音やリビングの音が聞こえやすいので、自室にいても家族の気配を感じることができ、安心感があるでしょう。
その一方で、プライバシーが守られにくいというデメリットもあります。
またリビングと2階が吹き抜けになるので、冷暖房効率が落ちてしまうことも考えられると言えるでしょう。

▼まとめ
階段の間取りは、それぞれメリット・デメリットがあります。
家族構成や重視したいポイントを考慮し、最適な階段の間取りを選択しましょう。
古賀工務店は、佐賀市を中心に新築住宅の建築やリフォームなどを承っております。
安心で快適に過ごせる家づくりをサポートいたしますので、ぜひお問い合わせください。

最新記事

  • 2022.08.15

    エクステリアをおしゃれに仕上げるためのポイントとは

  • 2022.08.01

    照明でエクステリアをおしゃれに見せるポイント

  • 2022.07.15

    目隠しに使えるエクステリアとは

  • 2022.07.01

    一般的な階段の間取りと特徴

  • 2022.06.22

    子供のより良い発達を促す間取りとは

アーカイブ