リフォームで内外装を修繕するベストタイミングとは | コラム | 佐賀県佐賀市 佐賀県佐賀市【古賀工務店】

COLUMNコラム

リフォームで内外装を修繕するベストタイミングとは

2022.01.13


家は何十年も住んでいれば、必ずリフォームが必要なタイミングがやってきます。
しかし、いつリフォームをすればいいのか、判断基準がわからないのではないでしょうか。
そこでこの記事では、家の中と外のリフォームをするタイミングを紹介していきます。

▼リフォームで内外装を修繕するベストタイミング

内装
「内装のリフォーム」といえば、水回りをイメージするのではないでしょうか。
内装リフォームの代表である水回りのリフォームは、約10年前後が目安です。

メンテナンスをしっかりと行っている方は、10年経っても綺麗に保てているかもしれません。
しかし、目に見えない部分の部品が劣化して、水漏れを起こしている事は多々あります。
また、壁やフローリングなどは、美観を保つために約10~15年でリフォームするケースが多いです。

外装
外装のリフォームは、主に外壁や屋根などです。
外壁や屋根は紫外線や風雨にさらされ続けているので、10年程度がリフォームのタイミングといえます。

ただし、ひび割れや剥がれなどの症状がみられる場合は、すぐにリフォームするのがおすすめです。
そのままにしておくと、建物の内部にダメージが及んでしまいます。
外装は生活で不便を感じにくい場所ですが、普段から注意して見ておくようにしましょう。

▼まとめ
リフォームのタイミングは、内装も外装も10年前後が目安です。
しかし、環境の変化や劣化の状態などで、早まることも考えられます。
気になった時は、点検をするようにしましょう。
弊社では点検やご相談は無料でさせていただきます。
内装や外装に不安がある方は、ぜひ弊社にご相談ください。

最新記事

  • 2022.07.01

    一般的な階段の間取りと特徴

  • 2022.06.22

    子供のより良い発達を促す間取りとは

  • 2022.06.15

    マイホームの間取りで後悔しないために

  • 2022.06.08

    家の間取りで気を付ける事

  • 2022.06.01

    外壁塗装のサイディングについて

アーカイブ